広告

YouTube広告の平均視聴率とは!?【実際に運用してわかった、視聴率が上がるコツも紹介】

こんにちは。大阪のWebマーケティングの会社、モンゴロイドのデジマくんです。

YouTube広告のことを耳にする機会も増えてきましたよね。

中には実際にYouTube広告を配信してみたはいいものの、周りに使用している人も少なく、結果がいいのか悪いのかわからないと感じている方もいるのではないでしょうか?

そのような悩みをお持ちの方に、YouTube広告の平均視聴率の紹介をさせて頂きます。

この記事を読んで「自分の広告の視聴率が平均より低い」と思われる方もいるかもしれません。

しかしこのまま改善をしないと、無駄な広告費だけが掛かってしまうというケースにもなりかねません。

記事後半では、平均視聴率が上がるコツを紹介します。

弊社が実際に数多くのYouTube広告を運用しているからこそお伝えできる有益な情報になりますので、是非参考にして下さい。

【期間限定】Youtube広告手数料割引キャンペーン

YouTube広告の平均視聴率は?

YouTube広告は配信フォーマットによって視聴率が大きく変わります。

各配信フォーマットの特徴と合わせて、平均視聴率について紹介します。

インストリーム広告の平均視聴率

インストリーム広告の平均視聴率は動画の内容によっても異なりますが、20~50%程度と言われています。

インストリーム広告は自分が見たい動画の再生前や、途中に出てくる動画広告のことをいいます。

動画再生から5秒立たないとスキップが出来ないというのが特徴です。

視聴率が非常に高いと感じるかもしれませんが、インストリーム広告は自分の見たい動画の途中に再生されるという点と、テレビなどと一緒で何かをしながら見る方も多いため、わざわざ広告をスキップしないというケースがあり、このような高い視聴率になっています。

ディスカバリー広告の平均視聴率

ディスカバリー広告の平均視聴率は1~5%とかなり低めになります。

ディスカバリー広告は、「YouTubeの検索結果画面」や「動画再生ページの右上部分」が配置となる配信フォーマットです。

インストリーム広告は見ている動画に対して広告を配信するプッシュ型の広告ですが、ディスカバリー広告は、自分が自ら見に行くプル型の広告であるという違いがあります。

ディスカバリー広告はインストリーム広告に比べてアクションに繋がりやすいのと、興味を持っているユーザーが広告を見るため、時間が長い動画配信も可能となっております。

 YouTube広告の平均視聴率を上げる方法

インストリーム広告とディスカバリー広告の平均視聴率を上げる方法をそれぞれ紹介します。

まずは自社の広告配信にフォーマットの選択が間違っていないか確認しましょう。

 YouTube視聴率を上げるには 広告の目的によってフォーマットを選択する

広告のフォーマット選択を誤ってしまった場合、いくら対策をしてもYouTube広告の視聴率は上がりませんので注意が必要です。

下記のように目的別にフォーマットの選択が出来ているか確認しましょう。

  • インストリーム広告=ブランドや商品の認知に適している。
  • ディスカバリー広告=商品の購入などユーザーのアクションを促す。

 例えば、自社の商品のブランドの認知を上げたいという目的でディスカバリー広告に出稿をしても、先ほど紹介したように平均視聴率は1~5%のディスカバリー広告では、リーチが足りず成果が見込めないということです。

事前に自社の広告の目的と照らし合わせ、フォーマットが適切か確認することが視聴率を上げる最初のコツです。

【期間限定】Youtube広告手数料割引キャンペーン

 インストリーム広告の平均視聴率を上げる方法

インストリーム広告は潜在ニーズにアプローチをすることが多いため、ユーザーに共感してもらったり、いかに前半部分に伝えたいことを集約するかが、ポイントになってきます。

インストリーム広告の平均視聴率を上げる方法を4つ紹介します。

  • はじめの5秒でユーザーの訴求ポイントに触れる。
  • ストーリー性を出し広告っぽさをなくす。
  • スピーディーな広告展開で見せきってしまう。
  • 動画の構成を2段階構成にする。

はじめの5秒でユーザーの訴求ポイントに触れる

インストリーム広告で平均視聴率を上げるには、最初にユーザーの訴求ポイントに触れることが重要です。

商品購入がゴールの場合、ユーザーには、下記流れを意識して広告を配信してみましょう。

  1. 問題質問
  2. 示唆質問
  3. 解決策を提示
問題質問

動画の冒頭では、「今こんなお悩みはないですか?」とユーザーに訴え掛けます。

れでユーザーが共感した場合、動画を視聴するのでつかみになります。

示唆質問

示唆質問で問題を大きくしていきます。

「その悩みを放置すると大変なことになってしまいますよ!」とユーザーの悩みを大きく拡大していき、不安を煽ります。

 解決策提示

そして最後に解決策を提示します。

自社の製品であれば、「あなたの悩みが解決できます」と解決策を提示に商品の購入を促します。

 ストーリー性を出し広告っぽさをなくす

インストリーム広告の平均視聴率を上げる方法は、ストーリー性を出すということです。

そもそも基本的に広告は見られないと思っておきましょう。

特に有名な企業やサービスでない場合、動画の冒頭から「今回は、新商品を紹介します!」と投げかけてもユーザーは広告と認識しただけですぐにスキップするのが普通です。

そのような場合は広告をストーリー仕立てにして、ターゲットに「面白そう」「続きが見てみたい」と思わせることも重要です。

 スピーディーな広告展開で見せきってしまう

インストリーム広告の平均視聴率を上げるには、スピーディーな広告展開でユーザーにスキップする余裕をなくしてしまうのというのも有効な手法です。

5秒間では2カット程度の展開が通常ですが、冒頭から場面展開を早くしたり、自社として伝えたいことをコンパクトにまとめ冒頭で伝えきってしまい、動画を最後まで見てもらうという方法です。

 動画の構成を2段階構成にする

インストリーム広告の平均視聴率を上げるために、動画構成を2段階構成に分けるという方法も有効です。

伝えたいことがたくさんある場合、短い秒数に集約するのが難しい場合などに有効な方法です。

動画前半に一番に伝えたいことを集約し、動画後半でそれをさらに深堀した内容や他に伝えたい要素を見せて理解を深めるという構成になります。

 ディスカバリー広告の平均視聴率を上げる方法

ディスカバリー広告では顕在ニーズにアプローチすることが多いため、いかに視聴率を上げコンバージョンを達成するかがポイントになります。

また、ユーザーが自らクリックして見に行く配置になるので、動画以外にも対策をしなくてはいけません。

ディスカバリー広告の平均視聴率を上げる方法は3つです。

  • 動画タイトルと説明文でユーザーの興味を引く。
  • 定期的にサムネイルの更新をする。
  • 分析と検証を繰り返す。

動画タイトルと説明文でユーザーの興味を引く

ディスカバリー広告の平均視聴率を上げるには、ユーザーから興味をもってクリックしてもらえるような動画タイトルと説明文を設定することが重要です。

ディスカバリー広告は、動画の内容も重要ですが、いかにして動画を見てもらうかが重要です。

動画タイトルと説明文がユーザーの目を引くものでないと、そもそも動画を見てもらえません。

 クリックしてもらえるタイトル下記例を参考にしてみて下さい。

 具体的な数字を入れる

タイトルに具体的な数字を入れることにより、ユーザーの目が止まりやすくなります。

  • 私が成功した5つの理由。
  • いまだけ50%オフ。
  なぜから始める

「なぜ」からタイトルを始めると、ユーザの悩みにアプローチすることができます。

  • なぜ、あなたは痩せられないのか?
  • なぜ、あなたはモテないのか?
 「無料」「0円」のワード入れる

ユーザーは「無料」というワードに弱く、クリックしてしまう傾向があります。

  • 完全無料!無料相談はコチラ。
  • 今だけ無料!申し込みはコチラから。
 ユーザーを煽る

ユーザーを煽ることにより、クリックを促します。

煽るというのはいい言葉ではありませんが、一定数注目を集めるためには有益な手法です。

  • まだ、意味のないダイエットをしているの?
  • いつまで会社の言いなりで働くの?
 ハードルが低いことを伝える

誰でもできるなどハードルを下げて上げることでユーザーのクリックを促します。

  • 初心者でも月収○○円に達成できたアフィリエイトとは!?
  • 誰でもできる?プログラミング講座!

 定期的にサムネイルの更新をする

ディスカバリーの広告の平均視聴率を上げるには、サムネイルなどの定期的な更新が重要です。

YouTubeのユーザーはとても飽きやすいという特徴を持っています。

長い期間同じサムネイルだと「また、同じ広告か」と思われてしまいますが、サムネイルを変えるだけでもユーザーの目を引く可能性がありますので、サムネイルに関しては定期的に更新しておきましょう。

 分析と検証を繰り返す

ディスカバリー広告平均視聴率を上げるには、分析と検証が重要です。

そもそも動画を見てもらえているのか、動画の途中でユーザーが離脱しているのかで対策は変わってきます。

動画にすらユーザーがたどり着いていない場合は、サムネイルの改善とターゲティングの見直しましょう。

動画の途中で離脱をしていてコンバージョンが低い場合は、動画の内容の見直しが必要です。

また、Google広告の管理画面で動画の再生率を確認できるので、その数値を確認するのも重要です。

原因を明確にしてそれを改善していくことが重要です。

まとめ

YouTube広告の平均視聴率とYouTube広告の平均視聴率を上げる方法について紹介させて頂きました。

平均視聴率を上げる方法は広告のフォーマットによっても異なりますし、色々な方法があります。

「ちょっと自分には難しいかもしれない」と思った方は、是非弊社までお問い合わせください。

関連記事:YouTube広告の予算はどのくらい?YouTube広告の種類と費用、広告出稿までの流れを解説!

【期間限定】Youtube広告手数料割引キャンペーン